メイン | 2008年10月 »

2008年08月25日

日経225や商品先物取引とは

投資といえば、株がメジャーですが、他にもいろいろあります。

商品先物取引なんて言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか?この商品先物取引とは金や銀、プラチナなどの金属や、原油、石油、ガソリン、またはトウモロコシなどの食物といったいろいろな商品の価格を対称にする投資方法で、昔からドラマなどで若造が手を出して破産!なんていう投資のハイリスクな面ばかりが表にでてしまったような印象がある投資の方法です。

日本ではあまり良いイメージのないこの商品先物取引も、実は世界中を見てみると、たくさんの国や地域で広く親しまれている方法なのです。

しかし、日本ではなぜか「商品先物業者の犯罪や詐欺が多い」と印象は良くないのが現状です。これはやはりドラマの影響なのでしょうか?

数ある投資の中で、最近注目されてきているのが日経225ミニ(mini)というものです。

毎日の株式市場の中で、個別の会社の株が対象ではなく、全体的な、日経平均の上がり下がりで損するか得するかが決まる、というもので、感覚的にはとても分かりやすい投資法かもしれません。日経平均なら毎日ニュースで必ずみているものなので、なんとなく身近な感じがするのではないでしょうか?これは少ない資金でもできるので、欲をかいてのめりこまなければ大きく損をすることもないかもしれない。

同じような名前で日経225というのもあります。miniのほうと何が違うのか、というと、こちらは、かなりの資金が必要なので、企業向けの投資であるということです。

2008年08月21日

ネットでマンションを査定しました

このマンションを買ったころは、自分で不動産屋をまわり、モデルルームを毎週のように見て周り、山のようなパンフレットを持って帰って、貴重な休みの週末をずいぶんとつぶしていたものです。

それが、いまでは、パソコンの前に座って、マウスをクリックするだけで、全国どこのマンションでも間取りや価格を見ることができる。インターネットというのは、便利なものだと、改めて感心してしまいます。

そんなことを言うのも、実は、マンション売却を考えているからです。マンションも悪くはないのですが、やはり、一戸建てという、古風な言い方ですが「自分の城」というもの、やわらかく言えば、階下に気を使わずに暮らせる家族だけの空間「マイホーム」を手に入れたい、と思ったからです。

娘の高校進学が決まり、義務教育が終わったことで、学区の心配がなくなりました。今までは転校のことを考えると、狭い範囲でしか物件探しができなかったのですが、今度は、あまり気にせずともよいのです。そして、この部屋自体はまだ、そんなに古くなってはいないので、売却するなら、今のタイミングが良いかと思ったのです。

マンション査定もインターネットでお願いできる時代になったのですね。いちいち業者を訪ねなくても、24時間いつでも情報を打ち込んで送るだけで、返事が返ってくるので、会社を休む必要も、休みを丸一日つぶすことも無くてすみます。
いくつもの業者にいっぺんに査定をお願いできるのもいいですね。

もちろん、土地さがしも、土地売買業者のHPへアクセスして、希望を書き込んでおけば、翌日、会社から帰ってくるころには返事が来ています。気になるところがあれば連絡すればよいので、マンションの査定とマイホーム探しが一度にできるのが便利ですね。

本当に便利な時代になりました。パソコンなんて自分には無理かと思っていましたが、やってみると意外と楽しいものです。
だた、やはり、インターネットだけで決めてしまうのは怖いので、そのへんは気をつけなくてはいけませんね。